コラム

ブランディング動画をどう作るか?業者に頼んだ場合のプロセスを覚えよう

ブランディング動画 2018年9月18日

これまでイメージや文章を主体とした広告が一般的であったものの、文章を長々とユーザーに読ませなければ伝わらない内容に、負担を感じていたマーケッターも少なくありませんでした。その一方、数分のテンポよい動画で商品・サービスをアピールできる動画広告は、いとも自然に販売力と認知度・理解度を高めてくれます。動画を使ったブランディング広告は「あったらいいな」から「あって当たり前」の時代になりました。すでに数年前から続々と使われてきています。

 

動画マーケティングの効果の高さを受けて、さまざまな事業主や企業が動画・映像制作に関心を持ち始めていますが、気になるポイントは、「動画をどこで作るのか?」ということ。今回は動画制作を業者に頼んだ場合のメリットと、制作のプロセスについてお話しします。

 

1.業者に頼むことのメリットとは?

 

動画・映像を制作する際には、

 

■自社で制作するパターン

■専門とする業者に依頼するパターン

 

があります。自社で制作すればコスト面での心配はなくなりますが、質を求めるなら断然業者のほうが適していると言えるでしょう。業者に依頼する場合のメリットを挙げてみました。

 

(1)品質な動画を制作できる

動画制作を本来の専門にしている業者なら、常に高性能な機材とソフトウェアが揃っています。加えてプロのカメラマンとイラストレーターの手配もできるため、素材も人材も最高のものを用意してくれるところが、業者に頼む場合の最大のメリットともいえるでしょう。

 

特にブランディング効果を作るのなら、動画の質には気をつける必要があります。だからこそ、高品質な作品をサポートするプロの存在が不可欠なのです。

 

(2)ベストなアイディアを提供してもらえる

動画制作会社に依頼するメリットは、機材や人材の質の高さだけにとどまりません。彼らは動画制作のプロであるため、コンセプトやストーリーに関してもベストな選択を手伝ってくれます。こちらは画質や技術と同様に動画広告の成功を左右するポイントなので、ぜひとも押さえておきましょう。

 

「動画を通じて何を伝えたいか」「どのようなスタイルにしたいか」などのコンセプトとストーリーに合わせ、どのような動画がユーザーに喜ばれ、興味を抱かれるかを考えたうえでのアイディアを提案してくれるのが、業者ならではの強みです。動画のことをそれほど知らないままに自分たちだけで取り組むよりも、はるかに良い結果を期待できるでしょう。

 

また、第三者である彼らの意見を聞くことで、思いもよらない斬新なアイディアが生まれるケースもあります。視野を広げて動画制作に臨めることも、業者に依頼する大きなメリットだと言えるでしょう。

 

(3)業務に影響しない

動画制作に着手する際には撮影の立ち合いや確認作業などが必要になりますが、この場合でも業者に頼めばすべてやってもらえます。つまり通常業務に影響を与えずに動画制作を完了させられます。

 

(4)自社での制作も可能だけれど・・・

もちろん、動画・映像制作は自社でも可能ですが、「満足度の低い動画になるリスクが高い」「肖像権や著作権を無視した内容になる」「通常業務と同時進行で制作しなくてはならない」などのデメリットが多いことも事実。予算に余裕がない場合ならまだしも、比較的安定した予算を用意できるのであれば、プロに頼むほうが得策です。

 

2.ブランディング動画は業者に頼む!制作プロセス

 

さて、ここからは動画・映像制作を業者に依頼する場合のプロセスについて知っておきましょう。業者によって違いがありますが、基本的には以下のような流れで進んでいきます。

 

(1)コンセプトの決定

ブランディング動画で最も大切なポイントは、明確なコンセプトです。「動画を通じてユーザーに何を伝えたいか」「商品・サービスにどんな魅力があるのか」「どのような動画にしたいのか」を丁寧にヒアリングしてもらい、方向性を定めていきます。

 

同時に「どのような動画がユーザーにとって魅力的なのか?」、客観的なアドバイスももらえます。企業側とユーザー側のメリット、両方をバランスよく整えてから、詳しい企画を始めていきます。

 

(2)企画・デザインの決定

コンセプトが固定されたら、細かな設定やデザインなどの企画を進めます。コンセプトが動画の軸だとしたら、デザインは外面的な魅力を支える部分。デザインでも抜かりない下準備に努める必要があります。

 

実写で撮影するかアニメーションを用意するか、グラフィックを用いた動画に仕上げるかなど、デザイン一つとっても非常に多くの種類があるものです。自社だけで取り組んでいては迷ってしまうばかりですが、業者に頼めばさまざまなアイディアが出てくるため、楽しんで制作を進められるでしょう。

 

(3)撮影開始

撮影またはアニメーション、グラフィックの作成をおこないます。実写で撮影する場合には肖像権や著作権などの概念を押さえるべきですが、その点に関しても動画制作会社は十分に心得ていて、むしろ知らなければ仕事が成り立たないほど。このような面でもプロに頼むほうが結果的に得なのです。

 

(4)編集

動画が一通り整ったら、最後に編集します。「ストーリーの流れがいいか」「見ていて飽きないかなど」を確かめ、修正点を洗い出していきます。

 

音楽や効果音なども必須ポイントです。すべての部分で不足がないかを確認したら、動画が完成します。

 

 

以上、ブランディング動画を業者に頼むメリットとプロセスについてお話ししました。動画の内容と質が求められるブランディング広告だからこそ、質にはとことんこだわりたいもの。自力での制作も可能ですが、動画としての質を求めるなら、プロに依頼するのがベストだと言えるでしょう。

 

STUDIO amuでは長年テレビ業界に携わってきた経験を活かし、企業様のブランディング動画広告作成をサポートしております。視聴率競争が厳しいテレビ業界で培った知識を、惜しみなさまの販促活動に役立てられるように努力しますので、これからブランディング動画やマーケティング動画を始められる方は、ぜひ一度ご相談ください。みなさまの商品・サービスについて丁寧にヒアリングし、最良の動画制作のお手伝いをさせていただきます。

 

まずはお問い合わせください