コラム

PR動画を作るには?制作段階で意識したいポイント

映像/動画制作 クリエイティブ 2018年10月11日

「プロモーション動画」。企業の商品・サービスを顧客にアピールするための「PR」動画です。これからの販売促進ツールとして大きく期待できるものです。インターネット上の広告配信はもちろん、展示会に出店した際に、会場にモニターを置いて動画を流したり、オウンドメディアであるホームページでの公開など、さまざまなシーンで利用できるPR動画は、商品・サービスを売り込んでいくならぜひとも利用したいところです。そこで、今回はPR動画を作るときに意識したいポイントについてお話しします。

 

1.PR動画とは?

 

PR動画とはプロモーションビデオのことで、商品の販売促進を目的に作成される動画を意味します。商品やサービスの魅力を数分の動画に詰め込み、適切な媒体を選んで見込み客にアピールしていきます。店頭で買える商品はもちろんのこと、ツアーや保険、旅行プランなどのサービスもPR動画が活用できます。

 

商品にしてもサービスにしても、提供側の企業は顧客の満足度を高めるために質の良いしものを作りますが、品質だけでは認知度や高倍率につなげることはできません。適切な方法と媒体を使ってアピールすることで、はじめて顧客の目に留まるのです。その方法には広告や企業ホームページ、公式ブログなど、数々の媒体がありますが、ここでPR動画を作ることがおすすめです。

 

(1)PR動画の種類

PR動画にはいろいろな種類があり、例えば実写動画やアニメーション、CG(コンピューターグラフィックス)、またはそれらを合わせたものなどがあります。「ハウツー動画」「マニュアル動画」「ストーリーを伝える動画」など、動画のスタイルも多岐にわたります。つまり、数多くの表現スタイルから魅力的なアピール方法を探せるということです。

 

だからこそ、種類の見極めと方向性の明確化には気を配る必要があります。企業として販売する商品・サービスの特徴を熟知し、それに合った動画スタイルを選んでいきましょう。食品ならレシピや裏技レシピのハウツー動画が似合い、旅行プランや保険のサービスならストーリー性と特徴アピールに重点を置いた動画が適しています。また、ハウツー動画ではアニメより実写のほうが向いていますし、保険はアニメ形式にしたほうが深刻な話題でもユーザーに受け入れられやすいという一面もあります。

 

PR動画はスタイルも種類も多く、何を選んだらいいか迷ってしまうもの。しかし、ここで「ターゲットが誰であり、何を伝えたいか」さえわかっていれば、進むべき方向性が自然と見えてくるはずです。

 

(2)いろいろな場所で配信できるPR動画

PR動画が出来上がると、それだけアピールできる場所が増えます。企業のホームページや展示会会場など、配信できる場所が必然的に増えるためです。特に展示会会場の大きなブースで配信すればインパクトの強いアピールにつながり、顧客のほうも違和感なく動画に引き寄せられていきます。

 

インターネットで配信できる点も、動画ならではのメリットです。企業のサイトはもちろんFacebookやTwitter、Instagramなどの媒体で配信していけば、拡散効果も狙えてまさに一石二鳥と言えるでしょう。近年ではパソコンとスマートフォンの勢いが増し、テレビに勝るとも劣らない影響力を強めてきているインターネットは、商品・サービスを売り込む企業なら臆せずに有効活用したいものです。

 

2.PR動画作成のポイント

 

配信できる場所が多く、わずか数分で数時間分のアピールを可能にしてくれるPR動画。その効果は高く評価され、現在では多くのマーケッターがPR動画に着手していますが、ただ作れば成功できるというわけではありません。動画の質が高くても内容が面白くても、集客と販売促進につながるとは限らないためです。ここでPR動画作成におけるポイントを挙げていきますので、ぜひ参考にお役立てください。

 

(1)ゴールを決める

「何のためにPRするのか?」「何を達成したいのか?」を、制作段階で必ず明確化しましょう。例えば「新商品を売りたい」「問い合わせを増やしたい」「商品・サービスについて知ってほしい」など、さまざまな目的とゴールがあります。それらに合わせた動画を完成させるのが、何よりも大事なポイントです。

 

「面白い動画を作ればアクセスを稼げる」「とにかくインパクトを強くしたい」など、表面上の魅力だけに注目してしまうパターンも少なくありませんが、このような動画が必ずしも売り上げにつながるとは言い切れません。ユーザー側が動画の面白さに気を取られて商品購入にまでたどり着かないケースも多いため、バランスを考えたうえでの動画制作が必要です。

 

(2)ターゲットを明確にする

目的と同時に、ターゲットの選定も重要なポイントです。「誰がどこでその動画を見るのか」「主婦層か、ビジネスマンか、中高生か」など、ターゲットは商品によってそれぞれ変わります。商品・サービスを使うシーンを想定し、それを活かした動画制作を進めることが理想的です。

 

こちらに関しては、普段販売している商品のイメージとターゲットを動画に取り込めばいいだけなので、それほど難しい話ではありません。ポイントをしっかりと抑えながら、適度に楽しく面白い動画を作っていけば、いたって簡単に訴求力の高いPR動画が完成します。

 

(3)PR動画に大切な、ストーリー性と話題性

もうひとつ、PR動画を成功させるコツとして、「ストーリー性と話題性を取り込むこと」があります。

 

リズムよいストーリー展開と話題性につながるコンテンツがあってこそ、ユーザーの好奇心を刺激できるためです。インターネット上で配信すれば拡散効果も合わさり、販売促進に大きく貢献できます。そのためにも目的とポイントを抑えながら、動画としても見ていて面白い作品を作っていきましょう。

 

PR動画は、商品・サービスをより広く、強くアピールするための最適なツールです。効果を最大限に高めるためには制作段階からの慎重な計画が必要であり、はじめて着手する場合には難しく感じられることもあるでしょう。

 

 

株式会社スタジオamuでは、PR動画の制作に携わっております。視聴率競争が厳しいテレビ業界を生き抜いてきた経験を活かし、みなさまの商品・サービスの魅力を適切な形で伝えるためのサポートをいたします。

まずはお問い合わせください