コラム

リクルーティング(社員募集)動画を伝わりやすく仕上げるポイント

映像/動画制作 クリエイティブ 2018年11月5日

Youtuberの台頭やSNSでの勢いを受けてか、日に日に私たちの生活に普及しつつある動画マーケティング。動画マーケティングは商品販促動画やブランディング動画として使われる傾向にありますが、それだけでなく、商品のマニュアルやプレゼンテーション動画としても便利な使い方ができます。そんななか、就職活動にいそしむ学生をターゲットにした企業プロモーション動画として、社員募集(リクルーティング)動画を作る企業が増えています。

 

会社のイメージや実際の仕事を、「見える化」してくれるリクルーティング動画。そのメリットと作り方について、今回の記事でお話ししていきます。

 

1.企業のプロモーションに動画が有効な理由

 

これまでは、インターネット上で会社の理念や社員の声を掲載し、就職希望者に情報を得てもらうスタイルが一般的でした。しかし、社会全体の流れと変化を受け、企業でも「ただ情報を羅列するより動画で伝えたほうがフレッシュに伝わるのではないか?」と考える場所が多くなっているようです。

 

リクルーティング動画を作るメリットととして、次のようなものがあります。

 

(1)雰囲気がわかる

「企業や社長、そこで働く人の雰囲気が、よりはっきりとわかる」、これこそがリクルーティング動画の何よりのメリットと言えるでしょう。一般的に、リクルーティング動画には社長の話す姿やオフィスの様子、そこで働く先輩社員の動きが盛り込まれています。これらの情報自体は文章や写真でも表現できますが、今一つ臨場感にかけることが懸念点でした。そこでプロモーション動画に切り替えることで、就職希望者により効率的に企業イメージを伝えることができるのです。

 

実際に、就職希望者が入社を決める最大のポイントは、企業の雰囲気だと言われています。いくら業績が良くても雰囲気が伝わらない、あるいは悪そうな企業にはあえて勤めない希望者もいるほどで、こうして考えると採用と企業の雰囲気がいかに大切かかがわかります。そのような点からも、雰囲気をダイレクトに伝えられる企業プロモーションが役立つのです。

 

2.リクルーティング動画で会社の魅力をアピールするコツ

 

リクルーティング動画のターゲットは、就職活動をしている現役の大学生です。そうとはわかっているものの、学生の目線に立てずに企業目線の動画になってしまい、いまいち伝わらないアピールをしている企業も少なくないもの。ターゲットが学生であるリクルーティング動画には、学生に受け入れられやすい動画制作が最適です。そこで、成功しやすい動画を作るために、学生が魅力を感じやすいポイントをお伝えします。

 

(1)新卒社員の目線を大事にする

就職活動をする学生にとって、特に気になるポイントは就職後の自分の姿です。「やりがいのある仕事を任せられているか」「会社の福利厚生は整っているか」「毎日が充実しているか」など、やりがいと働く環境には一層敏感になることでしょう。これについては社長や役職に就いた方がいくら熱弁しても伝わらないため、新卒社員のインタビューを盛り込むことをおすすめします。

 

入社して間もない社員の声を活用すると、現場の人間としてのリアル感がはっきりと伝わります。学生のほうでも親近感を覚え、会社に魅力を感じていくでしょう。リアルな声を伝えたいのなら、ぜひ新入社員のインタビューを取り入れてみてください。

 

(2)フレッシュな雰囲気を取り入れる

新入社員のインタビューに似ていますが、企業のフレッシュな雰囲気を動画に盛り込むことも、プロモーション動画として役立ちます。企業のイメージを伝える動画とは言え、伝える相手はやはり若者。明るくフレッシュなイメージが強い場所を選びたくなるのはいたって自然なことです。

 

若い社員が活躍し、年齢やポジションを超えての楽しそうな仕事ぶりが伝わってくれば、学生の興味も深くなります。

 

(3)仕事のやりがいをアピールする

「仕事を通じて自分はどのように成長できるか?」「仕事を達成したら、どんな気持ちを味わえるか?」など、先輩社員の声に入れてみると、希望者の心をつかむことができます。現実として、仕事は社員の成長ややりがいのためだけにあるとは言い切れないものですが、人間である以上これらは大切なポイントです。積極的に取り入れ、会社で働くことのメリットを挙げていきましょう。

 

(4)就活生の不安を解消する

「女性が活躍できるか?」「上司と部下の関係性は良好か?」「プライベートを充実させられるか?」など、学生が就職に対して抱える悩みは多いものです。快適に、充実した生活を保ちながら仕事をしたいのは、誰にとっても同じこと。だからこそ、企業プロモーション動画でも学生の不安解消に努めていきたいものです。

 

学生が抱えそうな悩みをあらかじめピックアップし、専用のコーナーを設けるか動画にさりげなく取り入れるかして、健全な職場であることをアピールしましょう。女性が活躍する姿や社員同士で楽しく談笑する姿、休日の充実ぶりを盛り込めば、確実に学生の不安を解消できます。

 

(5)メッセージ性を強調する

最後に、企業としてのメッセージを強調します。企業が掲げる理念や今後の目標、社会貢献に対する考えをアピールし、動画の締めくくりとして活かしましょう。

 

入社後の様子や生活の充実ぶりも大切なポイントですが、企業のメッセージ性があることで、動画としての深みがぐんと増します。最後のインパクトにぜひ残しておきたいポイントです。

 

そのほか、明るくきれいなオフィスを強調したり、字幕よりも音声を多く取り入れたりなど、企業のリアル感を出すポイントはたくさんあります。他業種のプロモーション動画や動画広告などを日常的に観察していくと、学生の心をつかみやすい動画づくりにきっと役立つでしょう。

 

 

株式会社スタジオamu(あむ)でも、リクルーティング動画の制作にご協力しています。テレビ業界に長年携わった専門家が動画制作をサポートし、みなさまの魅力を最大限に活かした作品に仕上げていきます。コンセプトの設定から完了まで、一つ一つのプロセスを丁寧に作り上げていきますので、企業プロモーション動画をご希望の方はぜひ私たちにご相談ください。

まずはお問い合わせください