コラム

サービス紹介動画で顧客数アップ!作り方のポイント

映像/動画制作 クリエイティブ 2018年11月12日

「このお店に行ってみたいけれど、写真や文章だけではイメージが伝わりにくく、いつも来店間際で迷ってしまう」、気になる店やレストラン、サービス施設を利用しようと思った矢先に、こんな風に迷った経験はないでしょうか。サービス提供側もしっかりと情報提供をしているように思えるものの、消費者側からすれば物足りなく感じるケースが多いもの。そこでビジネスチャンスを逃してしまうのは、やはりもったいないことです。

 

そんな流れを受けてか、最近では商品やサービスの内容を動画で配信する店や企業が増えています。いつもの商品・サービスを動画で表現することにどんなメリットがあるのか、また動画を作製したら次は何をすべきか、今回の記事でお話ししていきます。

 

1.サービスを動画で伝える時代に

 

SNSやYoutubeをチェックするたび、商品やサービスについての動画配信を度々目にします。また、企業ホームページを閲覧していても、企業側が手掛ける作品や企業メッセージなどの動画リンクが貼られているのを見たことがある方も多いでしょう。こんな風に、最近ではサービス提供側が伝えたいメッセージを動画で届ける動きが強まっていると言えます。

 

一連の流れは動画マーケティングの台頭にあります。Youtuberの活躍から始まり、動画の持つ訴求力とインバウンド効果の高さが注目され、企業やマーケッターがこぞって動画広告に精を出すようになったためです。そしてそのメリットは、動画ならではのメッセージ性の強さにあります。

 

もちろん写真や文章でも十分にメッセージを伝えることができますが、動きを出す点では動画には劣ります。そこでメッセージをしっかりと強調したうえで動きと臨場感を伝えられる動画が評価されているのです。まさに、サービスを動画で伝える時代が始まっているということなのです。

 

(1)動きが多い動画を使い、サービスの「見える化」を

普段提供している商品・サービスを動画で伝えれば、内容がより鮮明にうつります。

 

例えば、レストランで新鮮な有機野菜を使ってサラダを作っているとしましょう。写真と文章だけでサラダのすばらしさを表現されて、果たして興味を持てるでしょうか。確かに食欲をそそられる部分はあるかと思われますが、調理している料理人の姿やテーブルに置く感じのリアル感、実際に美味しそうに食べている人の親近感などが欲しくなるところです。

 

また、腰痛がひどくなって整体院に通うとします。整体院のホームページをチェックし、「一回の施術で治ります」「痛くない施術をおこないます」「当院の施術内容」など書かれているものの、写真と文章だけでは効き目と施術についてわかりづらい点が否めません。そこで、実際に施術をしている様子、施術を通じて痛みが楽になった人のリアクションなどがあれば、もっと見込み客を引き付けられるはずです。

 

このように、写真や文章だけでなく「動く」要素を持つ動画でアピールすることで、商品・サービスの魅力は何倍もふくらみます。ぜひ、普段の販売促進に取り入れてみましょう。

 

(2)サイトのアクセス数が増える

商品・サービス紹介動画を作ることは、見込み客の興味を引くだけでなく、数字的なメリットもあります。動画をSNSやYouutbeで流したり、公式サイトに貼り付けたりすることで、ユーザーからのアクセスが増えるためです。SNSやYoutubeでは公式ページへのアクセスにつながり、公式サイトで閲覧してもらえればサイト滞在時間が長くなることでSEOの効果も上がります。ユーザーによる滞在時間が長いサイトはGoogleに高く評価される傾向が強いので、これは見逃せないポイントです。

 

見込み客の引き付けにもSEOにも着実な効果を発揮してくれるサービス紹介動画。最初の段階では不快にならない程度に観やすい動画ができれば問題ありません。さらなる販売促進を始めたい方は、ぜひ試してみましょう。

 

2.サービス紹介動画を作ったら、やるべきこと

 

商品・サービスの紹介動画を作ったら、いよいよ宣伝のために使っていきます。ここで、動画をアピールするのに効果的な方法をご紹介します。

 

(1)宣伝用に使う

公式ホームページに貼り付けたり、SNS上で流したり、インターネット上での公開を試しましょう。先ほどもお話ししたとおり、ページのアクセス数が増えればSEOで上位検索されるようになり、結果的に多くの見込み客に恵まれるようになるためです。動画に対してもアクセス分析や次回への改善を繰り返すことで、より強力な集客効果を生み出せるようになります。

 

(2)シリーズ化する

一度動画を作ればしばらくは集客に使えますが、可能な限り複数の動画を用意しておきたいものです。なかでもシリーズ化した動画を作っておくと、固定客やファンを増やすことができます。何度も動画を作れば顧客分析にも活かせるようになり、客観的かつ論理的な集客を展開させることも可能です。新商品やサービスが出るたびに動画を作るといいでしょう。

 

(3)テレビで放送することも

作製した動画をテレビCMとして放送する手段もあります。インターネット動画の勢いが伸びてきている現在でも、テレビの力は圧倒的です。不特定多数の人が対象になるため、広範囲で商品・サービス展開を手掛けたいならばぜひおすすめです。

 

テレビでCMを流してもらうのは、莫大な予算がかかりそうにも思えますが、地域を区切ったり放送方法を工夫したりすれば安く済む場合もあります。「テレビに広告を出すなんて、すごい店に違いない」と見込み客にアピールもでき、結果的には非常にメリットが多いことでしょう。ある程度の予算がある場合には、試してみる価値がある方法です。

 

 

「商品・サービスの魅力を伝えたいけれど、今一つ躍動感にかけるので悩んでいる」という問題を、動画制作がすぐに解決してくれます。はじめは観やすくスムーズなプロット展開の動画で構わないので、サービスのアピールに新味が欲しい方はぜひ動画制作を試してみましょう。ある程度慣れてきたら技術にこだわったりプロに頼んだりすることもおすすめです。

 

弊社でも商品・サービスを紹介する動画制作のサポートをおこなっています。客観的かつ高い技術での動画制作に努め、みなさまの販売促進とブランディングをお手伝いいたします。動画制作をご希望の方は、ぜひ弊社にご相談ください。

 

まずはお問い合わせください