コラム

動画は自分で作る?外注する?動画・映像制作を成功させるポイントとは?

映像/動画制作 クリエイティブ 2018年7月5日

facebookやtwitter、Youtubeなどをチェックしていると、必ずと言っていいほど登場する動画広告。数分程度ならそれほど疲れずに観ていられるうえに、字幕や背景の音楽で楽しめることもあり、ついつい目で追ってしまう・・・そんな魅力があるのにお気づきかと思われます。

 

動画広告ならではの自然さとスムーズさが高評価を集め、現在では動画で自社コンテンツをアピールしていく「動画マーケティング」が注目されています。コンテンツPRが必要となる企業であればぜひとも参入したいところですが、自分で作るか外注に頼むか、どちらを選んだらいいのかわかりにくいことも。

 

今回は動画・映像制作を始める際の、自作と外注の特徴やメリット・デメリットについてお話しします。これから動画マーケティングを始めるなら、今回の記事をぜひお役立てください。

 

1.動画・映像制作自体は自社でもできる

 

まず、動画・映像制作自体は自社でもできることなのです。ビデオカメラと被写体、多少のコンピューターの知識があれば特に問題ありません。いわゆる「Youtuber」がスマートフォン一つで活躍している姿を見ると、動画・映像制作そのものはそれほど難易度が高いものではないのです。

 

つまり、それほど質にこだわらないのであれば、自作でも何とか動画を作れます。

 

2.自社で動画・映像制作をするメリット・デメリット

 

さて、自社で動画・映像制作に挑むメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

(1)メリット

自作の動画・映像制作には、次のようなメリットがあります。

 

●自分のペースで作っていける

動画・映像制作にかかわるメンバーは、自社スタッフのみ。納期やプロセスにある程度余裕を持たせられる分、自分のペースで作っていきやすいというメリットが大きいです。

 

●コストがかからない

外注に頼まずに自力で作ることで、コスト削減にもつながります。制作費や材料費、カメラマンへの人件費などを考えていくと、外注では予算的に厳しい場合でも、自作ならある程度融通をきかせられるのが企業によってうれしいところです。続編などを作っていく場合にも、コストを最小限に抑えられます。

 

●時間的節約につながる場合も

外注に頼む場合、打ち合わせやヒアリング、細かなシナリオ設定、撮影、編集、確認まで、ある程度の時間が必要になります。リリースを急いでいて時間の節約が求められることを考えると、急ぎのスケジュールでは自作のほうが向いているかもしれません。質よりスピードを求めるなら、自作での制作を考えるのも手段の一つです。

 

(2)デメリット

反対に、自作での動画・映像制作には、次のようなデメリットもあります。

 

●質が悪くなる

自作動画にもっともよくありがちなデメリットです。自作で作る分コスト面でのメリットには恵まれますが、それだけ質への配慮ができなくなるためです。

 

「画面が暗い」「動画が長すぎる」「画質が悪くて視聴していて気分が悪くなる」「動画として何を伝えたいのかがわからない」など、質の悪さによるネガティブイメージを挙げていくときりがありません。外注に頼めるだけの予算が不足しているのなら、せめて機材や画質の改善には十分気をつけましょう。

 

●炎上する可能性が高い

男女差別、政治的な思考、モラルに反している、または著作権や肖像権への配慮がないなど、最近では動画広告に対する風当たりが強くなってきています。わずかな誤解でもインターネット上で拡散され、イメージを下げてしまう企業も多いほどです。

 

自作で動画・映像制作をおこなう場合、このような危険性についてどうしても危機感が薄れる可能性があります。企画の段階で慎重にミーティングをし、トラブルを避けることが先決です。

 

自作での動画マーケティングは確かに柔軟性とコスト削減の面で優れていますが、同時に質の面で妥協せざるを得ません。

 

3.動画制作会社に依頼するメリット・デメリット

 

次に、動画制作会社に依頼するメリット・デメリットについてご説明します。

 

(1)メリット

動画制作会社に依頼するメリットには、次のようなメリットがあります。

 

●質の高い動画・映像制作ができる

動画制作会社に依頼する場合、ほとんどすべてのプロセスに制作費用が掛かります。コスト面では負担が大きくなるものの、すべての作業を入念に行えるため、質としては自作とは比べ物にならないほど高くなります。

 

さらに自社にはないクリエイティブなアイディアも豊富で、コンテンツのPR力を高められることも、外注ならではのメリットです。

 

●ネットワークが充実している

自社で動画・映像制作をする場合、撮影場所、被写体、音響、シナリオなど、すべて自力でやっていかなくてはいけません。急なスケジュールで適切な人材を集められないこともあり、結果として満足できない動画が出来上がることも。その点、動画制作会社では必要なネットワークが豊富で、その道のプロが作業を担当してくれます。

 

時間と費用をかけることにはなりますが、仕上がりには満足できるでしょう。

 

●リスク対応ができる

著作権や肖像権への配慮、炎上マーケティングなど、リスクを予防できることも大きなメリットです。プロと第三者の視点を生かし、イメージを下げるようなアイディアを避けたうえでの制作となるため、自作で取り組むよりもリスク対策としては優れています。

 

(2)デメリット

反対に、動画制作会社に依頼する際には、次のようなデメリットもあります。

 

●コストがかかる

自作で作る場合と比較して、コスト面での負担が大きくなることは否めません。ただし、高品質でアピール力が強い動画を制作していくのなら、それに対しては割り切るべきです。心配であれば見積もりをおこない、納得してから作業に進めていくようにしましょう。

 

●時間がかかる場合も

自作での制作と比べ、時間がかかる場合もあります。こちらも高いインバウンド効果を生み出すための大切なプロセス。ある程度の時間的余裕を持ったうえで依頼しましょう。

 

自作で動画・映像制作をする場合、または動画制作会社に依頼する場合には、どちらにもメリットとデメリットがあります。動画マーケティングの目的とスケジュール、予算を算出したうえで、適切だと思ったものを選ぶことがベストです。

 

まずはお問い合わせください