コラム

成功しているクリエイターはやっている!?おすすめの習慣

映像/動画制作 クリエイティブ 2018年8月2日

「クリエイティブな能力を仕事に活かしたい」そう思っている方は多いはず。創造力を発揮した仕事はどんなときでも楽しく感じるので、魅力を感じるのもうなずけます。

 

そこで今回は、成功しているクリエイターが日常的に実践している、おすすめの習慣をご紹介していきます!

 

1.インプットとアウトプットを欠かさない

 

第一に大切なことは、インプットとアウトプットを欠かさないこと。どんなにすばらしいアイディアや能力を持っていても、常にブラッシュアップする習慣がなければ衰えていってしまうからです。

 

日常的に新しい知識やトレンドを収集し、また外にアピールする努力が必要なのです。

 

(1)常に情報収集に徹する

情報やトレンド、クライアントのニーズなどは、時代とともに変化していくもの。成功するクリエイターになりたいのなら、これらの変化に敏感である必要があります。時代が進んでも一昔前のやり方が評価を集める場合もありますが、それでも新しい話題には常に耳を傾けておきましょう。

 

ニュースサイトやクリエイター向けのサイトなど、パソコンやスマートフォンに保存し、いつでも見られる状態にしておきましょう。朝でも夕方でも読む習慣をつければ、新しい知識をインプットする環境が整います。

 

(2)読むだけでなく分析も必要

クリエイターとして成功するためには、インプットは最初に意識すべき行動です。加えて取り入れた情報を分析することで、インプット能力をさらに高められるでしょう。

 

日常的に集まる情報を読み、「それに対して自分はどう思うか」「どのような作品に使えそうか」など、頭の中で考えを巡らせると、今後の仕事に役立てられます。このように、インプットには能動的な姿勢も大切です。

 

(3)「書く」習慣を作る

アウトプットとしては、書く習慣を作ることが必要です。インプットした情報からの考えや普段の思考など、きちんと形に残していきましょう。SNS上に投稿するのもいいですし、あまり公表したくなければメモ帳に保存するという方法もあります。

 

できればリラックスした時間に書く習慣を作ると、より考えがすっきりします。書いているうちに新しいアイディアが浮かんだり、停滞していた仕事が好転したりして、数多くのメリットに恵まれることでしょう。ぜひ、普段の生活で活かしてみてください。

 

2.人脈を広げる

 

インプットとアウトプットの習慣が整ったら、次は人脈を広げます。クリエイターとして仕事をする以上、自力での営業や案件獲得には限界があるためです。常に多くの人とのつながりを持ち、仕事を得やすい環境を作っておくといいでしょう。

 

(1)興味がある人物にはすぐにコンタクトを

情報収集をしていくなかで、「この人に会ってみたい」「一緒に仕事をしたい」と、興味を持てる人物があらわれてくるでしょう。そんなときにはためらわずにコンタクトをとることで、想像以上に広い人脈を広げられます。

 

セミナーやワークショップを開催していたら参加すると、一気に距離を縮めていけます。そして何より、興味を持った人物に近づけることでいつもの仕事にも良い刺激を受けられるようにもなるので、メリットは多いです。

 

自分から話しかけることが苦手でも、イベントに参加すれば何らかの機会はあるはずです。そのチャンスを逃さずにいれば、良い関係を築いていけるでしょう。

 

(2)難しければフォローでも

とはいえ、相手が有名人である場合、突然のコンタクトが難しいかもしれません。距離が縮まっていない状態で話しかけても気まずい雰囲気になってしまうのは、やはり心配なもの。そんなときは無理をせず、SNSアカウントをフォローするのがおすすめです。

 

気になっている人の情報をすぐにキャッチできることで、こちら側の発想力を育てるのにも役立ちます。

 

(3)関心事をシェアしていく

最後に、クリエイター仲間がいるのなら、日ごろから関心ごとをシェアする習慣を作ることをおすすめします。やはりできるだけ多くの人と意見を交わしたほうが、一人で考えを構築するよりもはるかに効率的だからです。自分とは反対の意見にも耳を傾けることで、さらにクリエイティブかつ客観的なアイディアに育てていけるでしょう。

 

優秀で成功しているクリエイターは、このような習慣を常に持っています。人に話すことで新たな可能性が生まれるケースも多いので、ぜひ外の世界に目を向けてみてください。

 

3.「朝活」は発想を育てる!朝に意識したいこと

 

最後に、クリエイターとして成功するための時間の使い方についてお話しします。「朝方」「昼型」「夜型」といろいろなタイプがいますが、クリエイティブな才能を活かしたいのなら、やはり朝の時間を有効に過ごしたいもの。そこで、朝に意識したい行動をご紹介します。

 

(1)脳のゴールデンタイムに情報のインプットを

朝6時から8時は、まさに脳のゴールデンタイムと言われています。先ほどお話しした情報のインプットは、朝に試すといいでしょう。ほかの時間帯よりも脳が活発に動き、情報収集や分析がさらにスムーズになります。

 

(2)朝日をしっかりと浴びる

朝早くに散歩に行くのもおすすめです、朝日をしっかりと浴びることで体内時計が整い、1日を健康的に過ごすことができます。非常にシンプルに思われるかもしれませんが、体が健康であるからこそクリエイティブな考えがやってくるものです。また、朝に体を動かすことで、想像以上に発想力が働きだすこともあります。

 

(3)良質な睡眠もポイント

朝の活動を有意義なものにするには、良質な睡眠も大事です。睡眠不足や不規則な生活が続くと健康に悪いばかりか、脳やメンタルにも大きなダメージを与えます。何かと忙しくなりがちなクリエイターの方でも、時間がある日は早めに寝る習慣をつけると、だんだんと生活が好転していきます。

 

 

クリエイターとして成功するには、実際に活躍している人物から習うことが先決。ぜひ今回ご紹介した習慣を取り入れ、実際の仕事にお役立てくださいね!

まずはお問い合わせください