コラム

Youtuberについて学んでおこう

映像/動画制作 クリエイティブ 2018年8月9日

YouTube動画を継続的に配信したい方はこちら

最近は一段落という感じですが、多くの視聴回数を獲得して広告収入を得るYoutuberいう職業は、主に若い世代からの熱い支持を集めていました。

 

彼らの成功事例を観察すれば、動画マーケティングの成功のヒントがつかめるでしょう。そこで、Youtuberの成功事例や成功した理由、動画マーケティングにも取り入れられるポイントについて解説していきます。

 

1.Youtuberの成功事例

 

Youtuberとはあまり関連性がないものの、これほどまでにYoutubeがもてはやされるようになったのは、カナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバーの存在が大きいと言えるでしょう。12歳の少年が有名歌手の曲をカバーした動画を次々とアップして注目を集め、今や音楽業界でもトップクラスの収益を誇るスターに成長しました。

 

彼の成功は、これまでの成功法則を打ち破る革新的なものでした。

 

日本でも数々のYoutuberが登場し、高いエンターテイメント性で視聴者を楽しませています。そのなかでも特に成功事例と言える創成期Youtuberたちがいました。

 

(1)ヒカキン

日本人で成功したYoutuberといえば、「ヒカキン」は欠かせない存在です。ヒューマンヒートボックスやゲーム中継、商品紹介などの動画を通じ、日本人Youtuberの第一人者となりました。得意のヒューマンヒートボックスで著名ロックバンドのコンサートに飛び入り参加をオファーされるほどの勢いを見せています。

 

ちなみにヒカキンの実兄「セイキン」もYoutuberとして活躍しています。

 

(2)はじめしゃちょー

日本人Youtuberといえばヒカキンですが、それをしのぐ勢いで人気を集めているのが「はじめしゃちょー」です。チャレンジしたことを動画にアップして視聴者を楽しませ、猛烈なスピードで人気を集めました。「動画の進み方がスムーズだ」と、コンテンツの質も高く評価されています。

 

(3)木下ゆうか

女性フードファイターとして人気を集める彼女は、大量の食事を平らげる動画を定期的に投稿しています。大食いに関しては賛否両論があるものの、豪快な食べっぷりに爽快感を覚えるユーザーも少なくないのだそうです。

 

(4)吉田朱里(NMB48)

ユーチューバーのランキングでは、上の3名ほど上位ではありませんが、youtubeをうまく活用して、ブレイクした好例として取り上げました。

 

彼女は、AKB48グループの大阪難波を拠点にした『NMB48』のメンバーとして活躍しています。NMB48のなかでは選抜メンバーではあるものの、AKB全体でみれば、決して目立った存在とは言えませんでした。

 

一時は「グループを辞めよう」とまで思っていた彼女でしたが、得意な美容ネタを活かしたメイクアップ方法やコスメ商品の紹介をする『アカリンの女子力動画』で、一気にブレイクします。その後、地道な努力の甲斐あってか、彼女のユーチューブ動画再生回数は、AKB48のPVの再生回数に追いついてしまうという快挙まで達成してしまいました。

 

またYoutubeでの活躍が実り、2016年の紅白歌合戦では、視聴者の投票で舞台に立てる『夢の紅白選抜』で、本人も予想していいなかった6位という好成績で、晴れの舞台に立ちました。その後、彼女はAKB48の総選挙でも前年の77位→16位と好成績を残すようになりました。

 

まさにSNSの影響力を世に知らしめた好例です。

 

 

今回取り上げた4人のほかにも、成功したYoutuberは数多く存在します。ぜひ探してみてくださいね!

 

2.Youtuberが成功した理由

 

さて、次はYoutuberがこれほどまでに成功した理由について見ていきます。一見、遊び感覚で成功したように思えますが、実はプランをしっかり練ったうえでの実践だったのです。

 

(1)ターゲットを決めていた

もっとも大きな成功理由は、「視聴者のターゲットを決めていた」ことです。例えばヒカキンであれば小中学生にターゲットを絞り、人気を得やすいコンテンツを配信していきました。マーケティングにおいてはターゲットの選定は重要ポイントになってきますので、これから動画マーケティングを始める方は意識するといいでしょう。

 

(2)自由な発想を活かした

成功するYoutuberの共通点は、「やってみたいけれどなかなかできないことを挑戦する」人が多いことです。自由な発想を取り入れているからこその行動は、特に関係のない視聴者にも期待感を抱かせます。時にはファンからのリクエストにもこたえ、企画を膨らませることにも抜かりがありません。

 

(3)ファンとのコミュニケーションを大事にした

Youtuberの多くはYoutubeのほかにもSNSアカウントを持ち、動画の告知や情報収集に活用しています。アカウントを多く持てばより多くのファンと交流できることも、メリットだと考えたためです。

 

動画への反響やリクエストにいち早く反応し、次回の動画に活かすYoutuberも少なくありません。このような姿勢は「ファンとのコミュニケーションを大事にしてくれる」とユーザーから喜ばれ、人気の秘訣にもなっています。時にはネガティブなコメントやメッセージを受けることもあるものの、真摯に答えたり上手に交わしたりすることで、新たにファンを増やすパターンもあるそうです。

 

こうして見ていくと、Youtubeで成功するには確実なターゲット設定と柔軟な発想、真摯な対応が必要だとわかります。すべてのビジネスに共通するポイントなので、ぜひ押さえておきたいところですね。

 

3.動画マーケティングに活かせる、Youtuberの成功の秘訣

 

最後に、これから動画マーケティングを進めるうえで参考になる、Youtuberの成功の秘訣についてお話しします。

 

(1)地道な作業を続ける

動画マーケティングで成功するには、地道な作業を続けることに尽きます。Youtuberも最初から成功したわけではなく、定期的に動画を投稿してこそ軌道に乗ったのです。動画再生回数の増減に一喜一憂せず、冷静な分析を重ねて場数を踏んでいくことが大事です。

 

(2)興味を引くタイトルをつける

FacebookやtwitterなどのSNSで動画広告を配信する場合、いかにユーザーに興味を持ってもらうかがポイントになります。そこで興味を引くタイトルをつけると、動画への雄三がさらにスムーズになります。Youtuberも親しみやすいタイトルをつけて再生回数をつなげていることが分かります。人気Youtuberのチャンネルを登録して分析してみるのもいいでしょう。

 

(3)魅力的なサムネイルを作る

タイトルと同時に工夫したいのがサムネイル、動画の見出し画像です。ユーザーに興味を持たせるもっとも重要な要素でもあるので、ぜひ工夫しておきたいところです。「華やか」「面白そう」「心を動かしそう」など、さまざまなコツがあります。

 

タイトル、サムネイルのほかにも導入文を意識すると、より誘い込みが楽になっていきます。

 

 

動画マーケティングを盛り上げた背景としては、Youtuberの活躍も関係しています。彼らの成功の秘訣を理解することで、商品・サービスのコンバージョン率アップやインバウンド効果を見込めるようになるでしょう。

YouTube動画を継続的に配信したい方はこちら

まずはお問い合わせください